イビサクリームの使い方

イビサクリームの基本的な使い方は、朝晩のシャワー後など清潔な肌にくるくると円を描くようにやさしく塗リ込んでいくだけ。

気になる黒ずみやくすみの範囲の大きさにもよりますが、だいたい1箇所につき1円玉ほどの大きさの量を使用しましょう。

イビサクリームは、敏感肌の人や赤ちゃんの肌にも使えるほど低刺激に作られており、強い成分で一気に美白へと導くようなクリームではありません。

まず肌の調子を整えてターンオーバーを正常にした上でくすみや黒ずみを改善していくものですので、

「朝の忙しいときに塗るのは難しい」という人も、せめて肌が整うまでは朝晩の2回しっかりと塗ることをおすすめします

黒ずみやくすみが薄くなってきたなと感じられてからは、夜のお風呂上がりに塗る1回のケアにチェンジしても良いかもしれませんね。

イビサクリームのより効果を感じられる使い方

気になる箇所は重ね塗りする
より早く変化を実感したい人には、重ね塗りがおすすめです。1回めに塗ったクリームが肌に浸透して表面が乾いてから、2回めを塗るのがポイントです。

時間に余裕のある夜のケアの時などに試してみてくださいね。

肌を清潔にしてから塗る
基本的な使い方にもありましたが、シャワーの後など清潔な状態の肌に塗るのがベストです。

夜はお風呂上がりに塗れば問題ないですが、朝もシャワーを浴びるという人はきっとそんなに多くはないですよね。

そんな人におすすめなのは、ホットタオルで汗や皮脂を拭き取ること。ホットタオルはタオルを濡らして絞り、電子レンジであたためるだけでできあがります。

「そんな時間もない!」という人は熱めのお湯でタオルを濡らして絞るだけでも代用できますよ。

ワンサイズ上の下着に変える
これは少し意外かもしれませんが、ワンサイズ上の下着を選ぶことは実際に私が下着屋さんで教えてもらったことなんです。

デリケートゾーンのVラインやIラインのくすみや黒ずみは、下着の締め付けから来ていることが多いそうです。

普段Sサイズを着けている人はMサイズを、Mサイズを着けている人はLサイズの下着を1度試してみてください。

イビサクリームでケアしていても、毎日身につける下着でまた色素沈着していっては意味がないですよね。

くすみや黒ずみの原因のところにもう1度立ち返って改善してみるのも1つの手かもしれませんね。

イビサクリーム

おすすめの記事